Yokohama Harber Counry

レギュラーライブ

毎月第3水曜日PM6時~PM9時

出演バンド 岡村純孝&Nashville
後援会長  河田 恵晴

岡村純孝(歌手、作詞作曲、翻訳)は1960年代の半ば伊勢崎町にあった伝説ジャズ喫茶(ピーナツ)の看板歌手であった。
当時今風に言えばLive House、そして米軍ベース等、横浜近郊を本拠地として活躍した本格派のカントリー・シンガーである。
当時のバンドは深野英明(米国在住)スチールギター、山田幸保、原田実(エレキギター)瀬谷福太郎等の業界を代表する一流メンバーで構成されていた。
1970年代に米国から南米ベネズエラへと移住ラテンカントリーを研究、サイパンでは和製カントリーの作曲を手掛け
帰国後は日本のカントリーの殿堂,銀座Nashville(平成26年老朽化により閉店)に出演拠点を移し、赤坂等都内各地でLive活動及びカントリー教室を開講し現在に至っている。
スペイン語、英語、日本語を織り交ぜて歌うバラード、ラテンは聞き応え十分!
その歌声はオールドファン、若者まで魅了。(師匠は大御所黒田美治一番弟子)